■このプログラムの目的と、できること。■

・2つの種類の数値が互いに関係している度合いを表す指標に相関係数があります。
・このプログラムでは、任意に与えられたデータについて、リアルタイムに、その平均値・標準偏差・相関係数を表示します。
・相関係数が 1 とは、-1 とは、0.5 とは・・・等いろいろな場合について、その散らばり具合を実感してください。
・与えられたデータを直線であらわすとしたらどのような傾きとなるかは、縦方向のずれを最小とする場合と、横方向のずれを最小とする場合とで異なります。
・縦方向のずれを最小とする直線( x に関する y の回帰直線 )と、横方向のずれを最小とする直線( y に関する x の回帰直線 )もリアルタイムに表示することができます。どのような場合にこの両者が重なるかも見てください。



■スクリーンショット■

( 1 ) 「 t 」キーで操作メニューを上部横一列にしたうえで、「 Ins 」キーで全機能を表示させたところです。


( 2 )


( 3 )


( 4 )