■このプログラムの目的と、できること。■

・放物線の、直交する法線の交点の軌跡を描きます。
・放物線上に1点を定めるとき、その点における法線と直交する法線をもつ点は、放物線上に1つあります。その2本の法線の交点をとることで、軌跡を描いていきます。
・元になる点をランダムに定め、1回ごとに描かせることもできますし、連続描画させることも可能です。
・残像を残すことができるので、軌跡が次第に別の放物線を描いていく様子がわかります。
・元になる放物線は、係数を自由に変更し、変形することができます。



■スクリーンショット■

( 1 ) 「 t 」キーで操作メニューを上部横一列にしたうえで、「 Ins 」キーで全機能を表示させたところです。


( 2 )


( 3 )


( 4 )